• ■お知らせ・・・6/20発生のサーバー障害のためブログのデータが紛失してしまいした。また、新たに再開させて頂く事になります。ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが今後ともよろしくお願いいたします。
歯周病と再生治療インプラントについて審美・笑顔の秘密最新設備の話マインドインタビュー

Blog:北島歯科だより


2012年8月24日

◆お知らせです◆

Filed under: その他 — kitajima @ 3:20 PM

 

 

こんにちは (^-^*)/

まだまだ日中は暑いですが、朝晩はだいぶ過ごしやすくなりましたね。

 

 

お知らせです‼

 

9月29日から10月2日まで

アメリカ カリフォルニア州ロスアンジェルスにて開催される

第98回アメリカ歯周病学会(American Academy of Periodontology)に

院長が参加します。

 

 

出張中は、何かありましたら代診の先生が対処いたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

詳しいスケジュールはこちらまで…

http://www.perio.org/meetings/am/AdvanceProgram.pdf

 

                           本間 浩美

2012年8月23日

見た目もきれいに、若々しく!

Filed under: その他 — kitajima @ 7:22 PM

初診時レントゲン写真

初診時レントゲン写真



初診時 口腔内写真

初診時 口腔内写真



 

初診時、上の前歯の歯茎から膿が出て腫れている症状があり来院された患者様です。

詳しく検査をすると、中で炎症を起こし歯を支えている骨が一部溶けてしまっている状態で、抜歯する必要がありました。

患者様は抜歯後にはインプラントを希望されましたが、その部分の骨が大きく失われている状態でした。

初診時 上顎前歯 レントゲン写真

初診時 上顎前歯 レントゲン写真



インプラントを入れるためには、インプラントを支えるための骨を再生させなくてはいけません。

炎症によってやせて薄くなってしまった骨を再生して厚くすることで、インプラントをしっかり支え、よく噛むことができます。

また、骨が痩せたままでは歯が長く見えてしまうため見た目もよくありません。

適正な歯の長さや形に合わせ、見た目を自然に綺麗にするためにも骨の再生は重要なのです。

骨の再生処置前後の口腔内写真

骨の再生処置前後の口腔内写真



上の前歯以外にも奥歯に治療した歯が何本かありますが、しっかり薬が中に入っていなかったりと治療が不十分なところがあり、将来問題が起こりそうな状態のところも・・・

患者様は全体をみて、将来問題が起こりそうなところは積極的に治療をしていくことを希望されました。

 

治療終了時レントゲン写真

治療終了時レントゲン写真



☆治療終了後の患者様へのインタビュー☆

初診時は、上の前歯が腫れておおぼったい症状があったのを覚えています。

状態が悪く抜歯ということになりました。抜歯後はどうするか・・・

入れ歯は、はずしたりするのを見ていて大変そうだと思って抵抗があったのでインプラントを選択しました。

炎症で骨が痩せてしまっていたので、骨を再生させる手術をしました。

手術後、安定するまで時間をおいたので期間はかかりましたが、今はすっかり慣れてなじんできました。

歳を重ねてくると、以前治療してある歯の本数も増えて、詳しく検査すると治療が十分でない歯もあり、一回の治療だけでは終わらない、もう一度しっかりとした治療が必要で、それが歯をもたせるためだと思いました。

銀歯だと、口を開けたとき見た目が気になります。今は、全体白くなってきれいになりました。

治療期間は4年かかりましたが、歯は一生もの!!大切にしなくては。治療をやってよかったと思います。

以前は笑うと歯茎が見えたりしたので笑うことに抵抗がありましたが、今では自然に笑顔になります。もう少し早くやればよかった!

女性は歯がきれいな方がきれいだし、若くみえます。

歯みがきも以前より気にして、磨くようになりました。せっかく全体きれいになって、またダメにならないように注意しています。

これからは検診で定期的にチェックしていき、ずっと長くもつようにしていきたいです。

 

 

笑顔もとても素敵になられました!

日に日に、お口の中への関心も高まったようでとても嬉しいです。

次回の検診でまた素敵な笑顔を見られることを楽しみにお待ちしています(^ω^)☆

 

歯科衛生士 井桜 千安希

 

 

 

笑顔が素敵☆

Filed under: その他 — kitajima @ 3:15 PM

上の前歯が気になると来院された患者様の治療を紹介します。

この方は、前歯の見た目が気になって笑う時も恥ずかしくて、手で隠してしまうと悩んでいるようでした。

上前歯 術前写真

上前歯 術前写真



 

上の前歯の詰め物は変色していて、かぶせ物は色がほかの歯と違って不自然さがあります。

 

CT画像やレントゲン、写真、模型など詳しい検査をしていきました。

歯の並びがでこぼこしている部分はありますが矯正治療をしないで治療を希望されました。

資料をもとに治療計画を立案していきました。

 

左上の一番前の歯は金属の太い土台が入っていて、かぶせるための根の土台の歯が少ない状態なので、デメリットと歯がダメになった時の対応もお伝えしたのち、かぶせる治療していくことになりました。

 

前歯 術前レントゲン

前歯 術前レントゲン



 

 

 

 

 

不自然さがあるのは、かぶせものや詰め物の色の違いだけが原因ではありません。歯ぐきの高さがそれぞれバラバラです。これでかぶせても、色はきれいになりますが、不自然さはよくなりません。

右上の一番前の歯は、歯茎を少し削る処置をして、左上の一番前の歯は根を引っ張りだすことで歯茎の位置を下へ下げることで歯茎を左右合わせていきました。それと、歯茎が薄くなっているので歯茎が上がっていってしまうので、歯茎の厚みをもたせるために歯茎の再生処置もしました。

 

歯ぐきの処置 右上1術前写真

歯ぐきの処置 右上1術前写真



歯ぐきの処置 右上1術後写真

 

いよいよ、前歯を最終的にかぶせていきます。

上前歯 術後写真

上前歯 術後写真



 

治療終了。

術後全体写真

術後全体写真



「見た目がきれいになり思いっきり笑えてうれしいです。歯みがきも、今まで力いっぱいゴシゴシ磨いていたし、しっかりブラシが歯に当たっていまいとわかりました。今では、歯への関心が高まり、ただ治療してきれいにしてもらうだけではなく、意識して鏡をみて磨いたり、歯みがきの仕方も改めることができました。。これからも、きれいな状態を保てるように歯みがきもがんばりたい!」

とうれしいお言葉をいただきました。歯みがきの方法も、興味を示してくださり、いつも真剣に私の話を聞いていただいてすごくうれしかったです。いろんな話もできて、すごく楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。

歯科衛生士 永井 宏枝