• ■お知らせ・・・6/20発生のサーバー障害のためブログのデータが紛失してしまいした。また、新たに再開させて頂く事になります。ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが今後ともよろしくお願いいたします。
歯周病と再生治療インプラントについて審美・笑顔の秘密最新設備の話マインドインタビュー

Blog:北島歯科だより


2013年1月18日

骨の再生でインプラント治療を可能に!

Filed under: その他 — kitajima @ 6:24 PM

術前 レントゲン

術前 レントゲン



 

上のレントゲンを見てみると、左の奥歯が重度の歯周病で支える骨がなく、ぐらぐらと揺れている状態でした。どう治療したらいいのか?と困って来院されました。

歯がグラつくほど歯周病が進んでしまっては、歯を残すことができません。インプラント治療を提案しました。

左上は、副鼻腔という空洞があり、骨がないため、そのままインプラントを入れると副鼻腔を突き抜けた状態になってしまい(下の図のように)、インプラントがしっかり支えられなくなります。

インプラントをそのまま入れると

インプラントをそのまま入れると



そのため、副鼻腔に骨をつくった上で、インプラント治療をしました。

下の歯も、歯周病で骨がないので、骨の造成をしてインプラントを入れました。

術後 レントゲン

術後 レントゲン



上下ともインプラントの支える骨もできて、インプラント治療完了しました。今まで歯が揺れていて、左で噛むことが困難でしたが、しっかり左側で噛めるようになりました。

これからインプラントが長持ちするようにお家での歯みがき頑張り、定期健診にもきてください。

 

歯科衛生士  永井 宏枝

 

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする